cld-cst1.5

なんでもかんでもあうとぷっと。

2017/08/06

就活をしていた去年もそうだったんだけど、毎日毎日スーツばかり着ているとどうも季節感が希薄になるみたいで、
なんとなくいまが8月上旬だという実感が薄い。
世間はもうとっくに夏休みどころかそろそろ甲子園が始まる時期なんだよなあ。


三月に大学を卒業し社会人になったはずなのに、蓋を開けてみれば学生時代よりもお勉強をしている…なんででしょう…

全く未知の業界に足を踏み入れたのだから仕方はない。いろいろあってIT系の会社に入ってしまったので、ここ3か月ほど研修でITの基礎を叩き込んでます。高校時代、数学で4点をとったことがある人間があいてぃーぎょうかいで仕事を求めることになるとは。最近やっとコードを書き始めるようになりました。PHPをちょっとやってから、Javaをかじり始めたところ。

文系学部卒なので、当然まっさらな状態からのスタートなのだけど、今のところはおもしろさ半分意味のわからなさ半分って感じで、それでもまあ辛くないだけ向いてるのかな?と思うことにしている。とりあえずは。どうやったら思い通りに動くのかを考えて書くのは楽しい。
それでも概念的なところ(インスタンスとか参照型変数とかとか)については、先輩に説明を請いては「で…???」っていうのを繰り返しているのですが。

そんなこんなで毎日毎日画面上のコードをにらみ続けているのだけど、その半面一般的なオフィスワークはほぼしてないに等しいので、ときおり、果たしてこれでいいのか…と思うときがある。これは弊社の構造的に仕方ないんだけど(そしてそれが一番の問題でもあるのだけど)、わたしが参考書をめくっている間にも同世代たちはどんどん実務をこなしていってちゃんと社会人になってきてるんだよなあとか考えると、かなり焦りがある。たとえ技術はどうにかなったしても社会で生きていけるのかわたし。不安だわ。


まあいろいろなものが追いついていない、と思う。