読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cld-cst1.5

なんでもかんでもあうとぷっと。

2017/01/30

秋ぐらいからイエモンをちょこちょこ聴いている。びっくりするくらい馴染みがいい。なんでか全然わからないけど。
中でも天国旅行がもうめちゃくちゃに好きで、歌詞も曲調もツボを押して押してたまらんのだけど、よりによってコレとは我ながら暗いわと思う。案の定、友人に歌詞を見せたら暗すぎると言われた。いや〜でも天国が好き。だよなあ。

そういえば間奏部分のベースのフレーズが、LUNA SEAGENESIS OF MIND〜夢の彼方へ〜のそれこそ間奏部分に似ているようにおもった。目覚めれば〜の辺りまでのベース。一音づつ下がっていくの。深く潜っていくようなこの手のフレーズすごく好き。てかこっちの曲も更に死ぬほど暗いですね…

やっぱ根暗なんだよなーーーーー知ってる!

イエモンは明るい曲も何となくヤケクソ感があるのがいいと思う。SUCK OF LIFEとか嘆くなり我が夜のFantasyとか。で、部屋で聴きながらつい暴れて首を痛めるのですが。

□□□

昨年後半に観たライブが妙に最近WOWOWで放送してくれてるので、せこせことレコーダーで録画しては見ている。
9月のBUCK-TICKの横アリと10月のVJS三日間と12月のLUNA SEAさいたまスーパーアリーナ(LUNA SEAのは来月放送だけど)
観ながらそういえばこんなだったなあと思ったり、逆に遠すぎて見れなかったところを初めて知ったり。あ、この人ここでこんなことしてたの、とか。INOさんFACE TO FACEでもクラップ煽ってんじゃん!!みたいな。

でもやっぱりライブはその場に居るのが一番いいなあとか思ったり。場内に渦巻いてるエネルギーと自分自身のテンションが上手く合わさったときの、あのドーパミンがドバドバ出てる感覚は本当にその場その時限りだよなあ。反芻できない。

と、うだうだ書いたところで言いたいのは、12/24のさいたまで隆ちゃんが「BLUE TRANSPARENCY…」って言ったときの私の壊れっぷりは酷かったな…っていう反省です。熱量どころか熱、みたいなベースソロ(客ブン殴るかの勢いで全力で煽ってくるからこっちも相応の覚悟で返すしかないコーナー)の後でテンション上がってたにしても本当に、曲名聞こえた瞬間に条件反射で奇声上げたの、どう考えてもおかしい…

□□□



f:id:kumakumas:20170130203842j:plain


学年末試験を受けてから友人と落ち合って、校舎の目の前にあるカフェでお茶をした。4年通ってもやっぱり、ビルキャンよりちゃんとキャンパスある他学部のほうが羨ましいな〜と思うんだけど、こういう風に手軽に外に出れる(出るしかないとも言える)のは楽。今となってみると、この大学っぽくない感じが自分には合ってたかもしれないとも思う。
友人とは高校から一緒だったのもあって、高校の3年間より大学の4年間の方が早かったよね、という話になった。ここ2年くらいになって、年月の速さに驚くことが多くなってる。知り合ってまだ3、4年くらいの感覚の人が実は7年目だったり。この感覚何なんだろう。

ケーキが美味しい。飲み物はホワイトティーとオレンジのブレンド。
ホワイトティーって、昔ジャワティーのホワイトを飲んだときに苦手…と思った記憶があるんだけど、ちょっと前に改めて飲んでみたらすごい美味しく感じてそこから好きになった。ビールもお正月にいきなり飲めるようになったし、味覚って本当に変わるんだなと実感する出来事が近頃多い。