cld-cst1.5

なんでもかんでもあうとぷっと。

巡り会いぐるぐるトレンド

今週のお題「わたしの本棚」

7月とか…
6月中に更新したかったのに下書きに放ったままでしたね。

本棚は数年前から満杯で最近は段ボールに突っ込む毎日です。


雑誌がねーー増えすぎてひどい!


f:id:kumakumas:20160708211538j:plain

一時期、ブックオフ行くたびに何かしらの音楽雑誌を買って帰っていたことがあって、まあストレス発散の一種なんですが。だって数百円なんだもの…古本屋での音楽雑誌漁りはもう、趣味というかライフワークの域。

よく雑誌解体して整理する人いるけど、無理ですね。数年後に読み返したら「えっこのひとも載ってたの!?」ってなるタイプなので…(実際るなしーさんでも多々起こった。90年代後半の音楽雑誌あの辺の人たち出過ぎである)もしも解体したあとに気付いたら後悔なんてもんじゃないわ…

いま探してるのはクレアシオンVol2とGIGSのいくつかの号と、デジットの創刊号です。



のこりは最近聴いてる音楽のおはなし。

INORAN Candy

よい!

‟Love gimmie love
Gimme all'a your love
Open up your heart
Come'n feel the rush

Gimmie love, Gimmie love
Gimmie all your lovin'

It's gonna set you free

Love gimmie love
Gimme all'a your love
Open up your soul
Come'n feel the rush

Gimmie love, Gimmie love
Gimmie all your lovin'

Take in the freedom”

ここのリズムがものすごく気持ちよくてね…ループ感というか、だらだら音が続いているようでいて、要所要所はしっかりタメる感じが堪らない。
INORANさんはアルバム『Teardrop』以降のゴリゴリロックな曲調が死ぬほど好みで。前に書いたダイヴユース〜ももろそっちの系統なのですが。ノイジーなの。

Oblivion Dust

INORANFAKE?→オブリって具合でいつも通りの連想ゲーム。名前だけは何となく知っていたけど聴くのは初めて。

軽い気持ちで動画漁ってたらGOODBYEにやられました。なんだあのKen Loydの異様なほどの透明感…!

疾走感がありつつもどこかもの悲しい曲、もはや性癖かってくらい好みなんだけど(TMGEのPinkとかpillowsのLast dinosaurとかLUNA SEAだとPRECIOUS...とかそういうの)(JさんのDie for youとかも死ぬほど好き)、ほんとこれその手の王道みたいな曲ですね。

goodbay my friends~もいいんだけど(ネイティブ過ぎてfriendが聞き取れない)、「嫌いなこの街も 新しい僕を見つければ変わるはず」辺りの歌い方がすごくいい。Kenくん日本語歌詞になると途端に歌声にピュアさが増すというか。ああ少年だなあ青春だなあこれはと。
いろいろ聴いた中だと、あとはSucker、Falling(English)、Erase(Japanese)辺りがとくに好み。よい。