読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cld-cst1.5

なんでもかんでもあうとぷっと。

好きな物や人が多すぎて

今週のお題「私のテーマソング」


「おっ」てなるお題だったので久しぶりに参加。これ、雑誌の鞄の中身大公開とか、財布出しとか化粧品出しとかのパーソナル系企画が大好物の人間にはたまらないテーマだわ…

***

「私のテーマソング」と聞いて、まず思いついたのがこの二つ。

誰かのせいじゃない 気づいている
やっぱり 僕は今もストレンジャー

どこにいてもミスキャスト 独り言が増えたロストマン
誘われないのに断るセリフを覚えて

引用したのは歌いだしと最後らへん。ほんとこの歌詞私か!って思う。
私は割と昔からズレた子供だったらしく(家族談)まあ確かに言われてみれば当時から何となくそんな自覚はあって。そのせいか、どこか「普通っぽさ」を求める節があったのだけど、しかし結局この歳になってもつくづく周りと話は合わないし、コミュ障も直らないしで「やっぱり僕は今もストレンジャー」なんですよね。でも、まあいっかなーとも最近は思ったりもする。

  • GLAY ― 軌跡の果て

これは前も書いたのだけど。GLAYの数ある人生ソング(pure soulとかつづれ織りとか生きがいとかmirrorとかね)のなかで、個人的に一番刺さるのはこれかなあって。この前のドームで聴いてボロ泣きした思い出…

この曲の歌詞に関しては、あまりにも全編に渡ってグサグサ刺さりまくる(そして泣く)ので引用は諦めてリンク貼っときます。
http://j-lyric.net/artist/a000670/l000294.html


あと、この記事書きながら、これ私だなーと思ったのがこれね(思い出した)

  • Purfume ― Handyman

なんだか うまくいかないのは きっときっと自分のせい

なんだかなんだかな ラブラブな
恋が重いとかね 言えてみたい
リアルリアルに 恋がしたい
なんとかして おねがいHandyHandyman

『LEVEL3』は何でか全体的に喪女臭が漂うアルバムなんですが、その中でもダントツにあれなのがこれ。
このファンタジーみたいな曲調でこんなくずい歌詞なんて…!と初見時震えた覚えがある。
この歌詞のくずいとこは自分のせいって分かってるくせに、最終的にはなんとかしてって他人任せなとこですよ!うわ、身に覚えある!つらい!でも好き!
ちなみにHandymanの正体はケータイ(スマホ)だと私は思っている。スマホこそ現代版魔法のランプ。

ここからは人生の応援ソング、というか、聴いていて「こう生きたいなあ」と思う曲シリーズ。

人に合わせて上手く生きる シニカルな舞台で 時には飼い主も裏切る

HISASHI曲の代表作。neuromancerと迷ったけどやっぱりこっち。にゅーろまんさーは「タイムカード破りすて」る方の曲です。あれも〽上手くなったのは愛想笑いとレジスタ なので私らしいといえば私らしいんですが。
これは、ほんと、ちょーーーヒサシ節だよなあと思います。歌詞も、曲自体も。
でもこのクレバーさというか、茶目っ気があるところが良いなあって。前のめりでシリアスになっていくんじゃなくて、いい意味で軽く。しなやかに生きていきたいもんです。

真夜中 君は夢見て泣いている とても綺麗な夢を見た
真夜中 君は夢見て震えてる 何も悲しい事は無い

バクチクを聴き始めたのは確か2010年。作品で言うと丁度シングル「くちづけ」~アルバム『RAZUL DAZUL』リリースらへんですね。
ただ、この曲に関しては私、リリースされた2009年にリアルタイムで聴いてたんですよね、CMで。どんなCMだったかも覚えてないんだけど。音楽だけが強く印象に残っていて。
そのときは誰の曲とかまったく気にせず終わったのですが、しばらく経ってバクチク聴き漁ってたらこの曲に当たって、「え、これバクチクだったの!?!?」っていう。びっくりした。そんな出会いもあって個人的に特別な曲になってます。
しかし、あまりにもあのCM見かけたから今までずっとタイアップついてたのかと思ってたのだけど、ググっても全く情報が出てこないからあれ多分リリース時のCMだったんだろうな…それにしてはよく遭遇してたな…口ずさめるくらい見たもんな…

この曲は本当、あっちゃんが歌うことによって説得力が何倍も増すというか。どんだけボロボロでもこの人が肯定してくれればいくらでも乗り越えられるなって、割と本気で思ってしまうような。いや、あっちゃんのあの存在感ってなんなんだろうね…

何を信じているかなんて そんなこと問題じゃない
しらけてるこの街を スピードで振り切って

あざやかなイメージ通り そう君の思い通りに

Wikipediaみたらとんでもないエピソードが載ってたくらい、悪名高いSHINEですが、結構好きなんですよね…この底抜けにポジティブな感じが、ルナシーぽくはないけどよい。
調子の良い時にこの曲聴きながら街を歩くのが好き。全能感ある。あとPVが意味不明で笑える。


以上、「私のテーマソング」集でした。自己紹介の代りに音楽を選ぶならって仮定で選んでみたんだけど、割りと明るい曲調のものが多くて我ながらちょっとびっくりしてる。どれも各アーティストで一番好きな曲ってわけでもないし。そういう意味では意外な選曲ではある。あ、でも歌詞見てるとどれも「承認欲求」って感じするなあ…私らしいわ…

タイトルは懐かしき椎名林檎「月に負け犬」の冒頭から。多分中学時代の私のテーマソングっていったらこれと「正しい街」。