読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cld-cst1.5

なんでもかんでもあうとぷっと。

音楽 雑記

気づいたら9月に突入していた訳でありますが。
色々書くネタもありつつ下書きもしつつ結果放置してた(実は6月末に山口小夜子展とか行ってたんだけど記事は下書きに眠っている…)



https://instagram.com/p/6sNy2pq_69/

鎌倉行ったりもしました。

あと近況としては6月末のルナフェス(注 行ってない)*1以降私の中で空前のルナシーブームが起こってることですかね。これね、すごい。
ニコ生でPVを一通りみてから気になり始め、ちょっと聴いてみるかーと軽い気持ちで2日後にTSUTAYAでベスト(三枚組のやつ)を借りたのが最後、7月はまじでひたすら、取り憑かれたかのように聴いてた。

基本ボキャブラリーが無いのでアレなのだけど、ほんっとにめちゃくちゃかっこいいですね!音が!
ちなみにPV集にあった曲が全部入ってる+曲数が多いっていう理由でこのベストを選んだのですが、これが当たりだったなーとも思います。とりあえずこれ一枚聴けばどんなバンドか分かるっていう。GLAYにおけるグレバケ*2みたいな。何にも調べないまま深夜のTSUTAYAに行った割にはうまいチョイスしたな私。あとはオリジナルアルバムを聴いていくのみ…(再録版の1stアルバムは借りてきました。一曲目FATEの出だしのあまりの迫力にCDコンポの前で度肝を抜かれ、思わずアホかってくらいかっこいいなこの人達と誰に言うでもなく口から出てしまった オトナの本気ってこういうものかね、と思う)
CD三枚分の曲の中でもLOVELESS、PRECIOUS…、JESUS、RAIN辺りがお気に入りで、ひたすら繰り返し聴いていて、特にLOVELESSとPRECIOUS…はほんとどうしようもない気分の日に延々リピート掛けてたせいか、ウォークマンの☆評価がこの二曲だけ異様に高くなってる。シングルでよく聴くのはTRUE BLUEとgravity、TONIGHT。この三つはPVも好き。TRUE BLUEのすぎさま美しすぎる…

このブログを読み返すと、5月頃に「何かにハマりたい」という内容のエントリを上げていて、その時は自分から向かっていくというか、どこか新しいジャンルを開拓しなければいけないかなーでもどれを?ジャニーズ?ヅカ??2.5次元???うーんどれも身一つで飛び込むには敷居高いぞ…とか思ってそこで止まっていたのだけど(ちなみにここで挙げた3ジャンルどれにも興味はあります。周りに私を引きずり込む気力がある人がいればあっさり落ちると思う)、今回はむしろこっちが向かう前に、自らやってきてくれたというか、そもそも私の好きなバンド上位に位置するBUCK-TICKGLAYが同日に出演するフェスをLUNA SEAが主催して、しかも開催前にHISASHIとSUGI様というよくよく考えるとちょっと謎なタッグでラジオ出演もして、当日はGLAYSHADEのカバーまでしていて、これはもう聴かないわけないよね、そして聴いたならハマらないわけないよねっていう。

ただ惜しまれるのはなぜ高校時代にきちんと通らなかった…という一点のみ。遅いよねー今更感あるよねーばかだなあとここのところずっと昔の自分を問い詰めている…(オタクとは過去を後悔する生き物である)そういえば、当時とても仲が良かった友達はルナシーも好きだと言っていたなあと、BLUE TRANSPARENCYを聴きながら思い出す。この曲の副題として付いてるのが限りなく透明に近いブルー、言わずもがな村上龍の芥川とったデビュー作に由来するのですが、現文の資料集の当該ページに差し当たった時に、ふと彼女の口からLUNA SEAの名前が出たのが、妙に印象に残っていて。まさか数年経って聴くことになるとは。


軽く流すつもりがおぞましい量を書き殴ってしまった…このエントリ7月中旬からだらだら書いてたせいか、じつは9月になってさらに状況が変わってきていて。最近はLUNA SEAに加えてルナフェス参加組のD'ERLANGERにも手を出してしまい、結果こっちも沼に落ちかけている状態です。デランジェに関しては御多聞に洩れずINORANさんから流れたよね。相変わらずGLAYBUCK-TICKも聴いてるので、音楽聴いてるだけで一日が終わる勢い。しかしこの世代のバンド巡りめっちゃ楽しい。

*1:LUNATIC FES LUNA SEA主催の音楽フェス。GLAYX JAPANBUCK-TICKなどが出演

*2:2009年に出したベストアルバム「The Great Vacation」のこと。デビューから当時までの全シングル48曲+初期4曲と「誘惑」の再録音源+アルバム約二枚分の新曲が収録されている。メンバー曰く「(デビューからの15年間を)駆け抜けるベストアルバム」。ちなみにVol.1と2がある。