読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cld-cst1.5

なんでもかんでもあうとぷっと。

20th Anniversary Final GLAY in TOKYO DOME 2015 Miracle Music Hunt Forever 05/31

ついにこの日が…!



f:id:kumakumas:20150607170145j:plain



凄い。めちゃくちゃ楽しいしGLAYってエンターテイメントだった。
ドームってやっぱり広いし、メンバーの顔どころかどこにいるのかさえ良くわからないことだって結構ある。それでもこの5万人を巻き込んでノらせるTERUの熱量は凄いし、距離を感じさせない映像類だって物凄い凝ってた。要所要所でド派手に起きる特効、後ろから聞こえてくる観客のコーラスの声、一体感。 アンコールのSHUTTER SPEEDSでスゲー楽しい!!って叫ぶJIROくん目にして震えた。あんなに広い所でも負けないGLAYって恐ろしいなとまで思った。


なによりもまず軌跡の果て。元々好きな歌ではあったけど、もう聴いていてこみ上げてくるものが大き過ぎて大変だった(今も電車の中で打ちながら思い出して泣きそう)
歌詞がモニターに映されてたのも大きかったかもしれない。本来はあんまり歌詞でるの好きじゃないんだけど。改めてあの歌詞の持つギリギリ感というか、業、みたいなのを目の前に打ち出されて。しかもそれであの映像っていう。あまりにも今の自分に響きすぎて、外側で取り繕っていたもの全部剥がれされて剥き身で曝されているような気持ちで聴いてた。

最後のサビでスパイクのこのセリフを思い出す。
“どっかのブルースマンが、ブルースの定義を聞かれてこう答えたらしい
ブルースってのは、どうにもならない困り事を言うのさ”

一生忘れないと思う。人生の指針になる曲だ。

軌跡の果てでひたすらしゃくり上げて体力使い過ぎたから、そのあとJIRO VS HISASHIのBLACK MONEYの記憶があんまりない…これがうわさの!と思ったのは覚えているんだけど。

百花繚乱、盛り上がるなー
嫉妬の最後の最後でてるさんミスって、ヤバイ!だったから余計ですね。
あれには笑った。

驚いたのは月に祈る!まさかやるとは思わなかったなあ。初期の耽美がかった激しい曲好き!

よしきさんはものすごく白かった。なんか後光差してた。

最後にやったMUSIC LIFEの、サビの「おおー」っていうコーラス。自分も周りの人もみんな歌ってて、そこで鳥肌立った。この曲、ほんとに今のGLAYを象徴した曲だ。このあと、作業用BGMでMUSIC LIFE(アルバム)ずっとリピートしてた時も、この曲が来るとつい背筋が伸びるというか、毎回聴き入る。



f:id:kumakumas:20150607170042j:plain

ズラーボールは紫でしたージロプロ復刻Tシャツ、かわいすぎる。欲しい…。そして二階スタンドだったから風船もテープも来なくて泣いた…