読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cld-cst1.5

なんでもかんでもあうとぷっと。

舞台ストームラバー

日記

いろいろとおもしろい巡り合わせで、所謂2.5次元系舞台を見てきたのでめも。

テニミュに始まり、ペダステ、ナルト、今はデスミュやってたり2.5次元ミュージカルって今ほんと旬!ってイメージ。私自身も前から気になってた、けど生で見たことはなかった。(テニミュ観てみたい…)
しかも2.5次元どころか舞台自体殆んど初めてだったという…(TDRとかのテーマパークのショーパレ程度の経験値しか持ってない)ただ今年の抱負は「生」と密かに決めたので*1、これも経験だ!と。

ただ、今回本当に回り回って私のところにチケットがやって来たので、直前まで全く予備知識の無い状態で乗り込むことに。まじでひどい話ですが、現場につくまで舞台名すら知らなかった…(友達からは胸キュンだよ!とだけ聞かされてた)ので開場から開演までの30分でパンフレットを参照してググり、何とか原作の媒体とあらすじとキャストの顔を確認。そこでどうやら、原作は乙女ゲーらしいことが分かる。胸キュンと言われていた割にパンフレット男しか見ないなーと思ってたけど、乙女ゲーなら理解。たしかに言われてみればキャラ造形のノリがソレだ…


・静止画より動いてた方が数倍良い
開演前は、正直好みの顔居ないなーとか思ってしまったんだけど(ひとりだけ断トツで顔整ってる人居るなーとは思った)、いざ始まると、みんな格好よいな!とあっさり落ちました。写真写りもあるし、あとは動作が入るのって大きい。ただ見渡す限りイケメンって、目線に困る。誰追うべきか迷う。


・キャラ一人ひとりの立ちっぷりが素晴らしい。
流石乙女ゲー!これおかげで初見でもポカーンてならないで済んだ。ビバキャラ被りのない世界。ついでに言えばキャラ設定により萌えられる。赤髪ロン毛苦労人かわいいよ…酒飲み保険医もよいよ…やっぱり腐女子、コンビ臭を感じさせるキャラに弱い。

・突然脱ぎ始める
サービスですね。
いや、一応ストーリーの流れ的に、ではあったんだけど、みんな一斉に脱ぐもんだからシュールすぎて笑えた。みんなほっそいけど一応腹筋割ってるんだなー

・エアバレー
そっか、ビーチバレーはエアスポーツとして成立するんだ…ルールテニスに近いもんね…とか観てて思った。ちゃんと上手端でカウントとってるんだけど、どっちがどっちのチームか一瞬よく分かんなかった。

・なんかよくメインの後ろで残りの子達がわちゃわちゃやってる。
多分アドリブ。メインより見てて楽しい。あーみんなかわいいなーて思いながら眺めてた。

・劇中何箇所か歌い踊ってるシーンがある。
この前デスミュが歌いながらテニスするって聞いてガタッてなったばっかりだけど、なに2.5次元ってミュージカルチックじゃなかいけないルールでもあるの…
これも初っ端から登場人物紹介がてら歌い踊ってて、おお、やはりテニミュの存在はでかいのだな…と改めて思い知った場面でもあった。ああゆうキャラ立場場面入れ替わり立ち代わりで歌う曲大好き!

・場面転換でちょくちょくアイキャッチみたいなのが入る。
アニメでCM前後にあるアレみたいな。なんか新鮮。あ、乙ゲーだからロード中のイメージなのかな。これ2.5次元だからこその演出だよねー。

・生徒会長に時々デジャヴを感じた
最初は手塚国光かな?と思ったんだけど、最後の方で仕草がまっすーの幸村だな、と気づく。あれあれ、腕組んで立海の部長っぷり発揮してる幸村。時々三浦春馬にも似てた。

観客がみんなお菓子渡してた
差し入れタイム、的なのが劇中にある。キャストが座席の横通りながら、直接受け取ってくれるらしく、物凄い量のお菓子が集まってた。お菓子にキャストの名前書けばちゃんと行くっぽい?

サイリュームは基本装備扱い
ふっつーに注意案内でサイリュームについての説明があってびっくりした。そして8割くらいの観客が振ってた。後で知ったけどどうやら物販でも売ってたらしい。

今回劇場自体が小さいのもあったんだけど、それ以上に割と前の方の席で、しかもキャストと目が合うかも!?みたいなのがウリな席だったようで(さすが乙ゲー)、もう逆に心臓に悪かった。爆発する。透明人間になりたい…と何度思ったか。しかも終わった後『ハイタッチ会やります!』えええ!?みたいな。いや嬉しかったけど!でもこっちコミ障!向こうイケメン!挙動不審!軽くパニクった挙句バイト時の接客スマイルで返してすいませんでした…
やっぱり私はステージ上の人間に私という人間を認識されたくない、こっちを見てもらわなくていい、むしろひたすら見守っていたいと思ってしまうタイプなんだな…と。


一日経って、普通に学校もバイトもあって、ふと思い返すと昨日のあの時間って一体なんだったんだ…?夢??と思うくらいには現実感のない世界だった。渋谷のど真ん中という現実の塊みたいな場所で、あの場だけは確かに2.5次元だった。
新しい扉を開いたんではなかろうか。限りなく日常に近いとこにある非日常。
ともかく衝撃が大きかった2時間だった。2.5次元すごい…若手俳優沼こわい…
しかし初っ端から思うに結構凄いところに行ってしまった気がする…色々近かったもん…これ絶対ディープな方だと思う。

世の中にはまだまだ知らない世界がいっぱいありますね!

*1:それに沿ったのがTDR、ピューロのグリ&ショーパレ類、あとGLAYのドームライブ!楽しみー