cld-cst1.5

なんでもかんでもあうとぷっと。

2016/05/23

ブログ書きたいかきたいと思いつつこれだっていうネタがない。いや、ネタはあるな。GWのはじめはニコニコ超会議でHISASHI(GLAY)さん見てきたし、そのあとも今度は六本木でJさんのライブ行ったし。あとは五年ぶりぐらいに津村記久子『ミュージック・ブレス・ユー!!』をちゃんと読み返したら、あまりにも何もかもが「わかる」の連続で、快感通り越してもはや、つらくなりかけたり。どれもめちゃくちゃ心動かされたし、ここに書き残しておきたいのに、何となく途中で詰まったまま下書きに溜まっている…あー、すっごいよくない。とてもよくない。

https://www.instagram.com/p/BFOFsNCK_31/
https://www.instagram.com/p/BFwBx6xK_4s/

少し前に、desiccoさんというハンドメイド作家の方の指輪を買った。みつ豆ゼリー指輪。眺めているだけで幸せになれるくらいかわいい。昨日はこれ着けて友達とパフェを食べに行った。手軽な現実逃避のライフハック。待ちながらインダストリアル(ピアスのね)の話を永遠として(友人が開けたいらしいが彼氏に大反対されたらしい)、あーやっぱり私はこっちの文化圏の人間なんだなーと実感した。中学時代彼女と毎日「KERA!」の話して、読者モデルのブログ読んで嶽本野ばら読んで、PEACE NOWの服着てたんだもんな、仕方ない。

…何書きたいかよく分からなくなったけどそろそろabemaTVで「少女革命ウテナ」の時間なので(これも数年ぶりに観てる)、どろん。

ダイブ・ユース,ソニック・ダイブ

最近INORAN『Dive youth, sonik dive』をツタヤで借りてきてから毎日のように聴いてるんですけど、もうめちゃくちゃはまってるんですけど、
聴いててやっぱりINORANさんには全面的に降伏するしかないと思った。というか、本当にこの方は人の胸元にナイフぶっ刺してえぐって傷口に塩塗り込むのが上手だなあという、印象。

まあーー歌詞がグッサグサ刺さる。これは私の精神状態の問題なんだろうけど、ほんと耳が痛い言葉がありすぎて聴いててつらくなってくるほど。いや、まあ、それ以上に好きだから聴くけど。

これは、これより前のアルバムに入ってる曲、例えばhydrangeaとか、Ditermine辺りを聴いた時から薄々感じていたのだけど、この人、ちょくちょくひとの薄っぺらいお世辞とか打算とかを全部見透かした上で「どうするの?」って問い掛けるタイプの歌詞出してくるんですよね。Ditermineなんて‟君はもう知ってるから どうしたい? 抜け出すかい?”とか‟君はもう知ってたのに 自分次第 白か黒か”ってもっと直接的に迫ってくるし。全体としては応援ソング?的なことが多いのだけど、なんですかこの退路を絶たれてる感じは。的確すぎて怖い!

ので、前からこの手の曲に当たる度に半分くらいINOソロ恐ろしいなって気持ちで聞いてたんですが、このアルバムに関しては全体的にそんな感じの曲しかなく(だって美徳と名誉はもういらない” by「グレイス・アンド・グローリー」だし、‟いいか目を覚ませよ 分かってるんだろ ヤバいと思ってるうちにヤラれちまうぜ” by「ワン・ビッグ・ブルー」だし)、ベットの上で歌詞カードの持つ手が震えた。だって私逃げまくってるからな、就活とか。
そのうえ曲調はノイジーだしあのボーカルだしっていう、とにかく攻撃力が高い。ということで私はこれ一枚丸々聴くとすんごいHP削られます。体力使う。

特に6曲目のhide and seekなんですが、まじでこれとか歌詞がタフすぎる。


Now you know you're really coming
Got a joy without a toy
You are strong and indipendent
No more hole just in your heat

Oh,give it try
Don't you waste no time
Take or leave it
It's your game to play

All i'm saying is save your own life
Make me cry,you're making me cry

□□□

ほら 本気で行くんだろ
相手がいなくても楽しむんだ
独り立ちして強いおまえに
もう心配ごとはないんだ

さあ やってみなよ
もう時間がない
やらないんならギブアップしなよ
自分で始めたゲームなんだから

自分を救えるのはおまえだけだ
泣かせてくれよ 俺のことを


つ、強い(負けてる)

この曲に関しては作詞はINORANさんでは無いようだけど、しかし強い。また本人も流石テレビ番組で「生き勝りたい」って言っただけあって、負けてないのだよねえ…

というわけで、個人的にとんでもない一枚でした。

余談だけど、これ書いてる間に丁度ニコニコ生放送でライブ中継がやっていて、観つつ書いてたらMCでいのらんさん、すごい意志の強い目で「8月にアルバム出します」「9月にはツアーやります」って言っていまして(もちろん情報は初出) その姿がものすごく凛々しくてどちゃくそに格好よかったのですが、同時にやっぱこのひとには勝てない…ってしみじみと思いました。バイタリティの強い45歳。見習うべき。

3月

怒涛のように過ぎていった一月。

スーツスーツバイト着スーツバイト着スーツスーツスーツ、

私服を着る機会がなさすぎるこの頃。高校時代並み。バイト行くときもどうでも良い服装しかしてないし。この前久しぶりに私服で出かけようとしたら、知らぬ間に季節が変わってて何着ればいいか分からなくなった。私服オンチ。

@日比谷公園小音楽堂

音を聴きに。

RMKのリップとネイルカラー

f:id:kumakumas:20160329164649j:plain
数週間ぶりに会った姉から遅めの誕生日プレゼントとして頂いた。うれしい。なんか認められた感じするね。
でも容赦なくチェリーレッドの口紅を寄越してくるあたりは流石姉といったところか。愚妹の趣味をよく分かってらっしゃる。
ネイルしたいけどする暇がない…

上野千鶴子『女ぎらい ニッポンのミソジニー

ほんとにすっげー面白くて図書館から借りたその日に一気に読了。しかし久々に活字をちゃんと読んだ…
以前から存在自体は知ってたんだけど手を出してなかった類のやつ。ジェンダー関連の話は中々踏み込むのに勇気がいるなあと思ってずっと尻込みしてたんだけど、これは論文よりも語り口が軽くて読みやすかった。
それと自分が頭の中でポツポツと考えてたことがまあ言語化されてて、「あーそういうことか!」「こことここは繋がってるのか…そうか…」と読んでてすごい知的興奮。ただ同時に自己嫌悪にも陥る。でもとにかく面白い。

映画「同級生」

f:id:kumakumas:20160329165032j:plain
説明会帰りに突発的に観てきた。
原作知ってる側からいうと、すごい丁寧に描いてるなあ、という印象。けど決して間延びしているわけではなくて、アニメとして緩急の付け方が上手い。草壁のアニメらしいコミカルさが凄い良かった。
モブの棒読み加減とか、なぜだかフリクリを彷彿とさせるなあ。まあ私割りとなんでもフリクリ認定しちゃうんですけど。

フリクリ続編決定

同級生フリクリっぽいとかなんとか喚いてたらなんと続編が決定していた。びっくり。

ピロウズとミッシェルとLS下手ソロと

2月からずっとINORANとJのソロワークが熱いのですが(私の中では)、フリクリ続編のニュースを聞いてから無性にピロウズが聴きたくなってウォークマン引っ張り出して一次選考に向かう電車の中で聴いてた。やっぱりいい。でもぜったい今聴くべきじゃない。だいぶやる気削がれた。
ピロウズとほぼ同時期に聴いてたのがミッシェルで、毎年今くらいの時期になると「ダニー・ゴー」が聴きたくなる。
INOソロとJソロに関しては後でちゃんと書きたいのだけど、とりあえずどちらも辛いって感情が沸いてくるんだよな…二人とも別々の方向で辛い。もっと言うとSUGIZOソロもすごいつらみがある。弦楽器隊つらい。

岡崎京子リバーズ・エッジ』『Pink』、『Quick Japan Vol.124』

f:id:kumakumas:20160329164754j:plain
衝動買い。
作品としては『Pink』の方が好き。現実のルールにのっとって生きているのになぜだか地に足がついてないユミちゃんが愛おしい。金原ひとみといい、嶽本野ばらといい、つくづく私は社会を舐めてる女が一人で生きてる話が大好きだなあ。あと村上龍の『ラブ&ポップ』思い出した。あれは冒頭が一番好き。
しかしこれもいま読んではいけなかった気がする。まともに就活するのが馬鹿らしく思えてしまうよ。
装丁がとてもかわいい。カバー取っても蛍光ピンク。リバーズエッジの開くと真っ赤なのもいい。

クイックジャパンの方は完全HISASHIのインタビュー記事目当てでした。最初は立ち読みだけで済まそうとしてたんだけど「いや、でもサブカル誌にGLAYが載るなんてことこの先ないのでは?」と思うと買うしかなかったよね。
いやーまさかGLAYの20年間をここで語るとは。
ひさっさんって、何だかここ二年くらいで世間での立ち位置が変わってきてる気がしていて。と言っても具体的にどんなっていうとこれまた難しいんだけど。うーん、これまでメディアにおいて、この人ってあくまで「GLAYのギターの人」という扱われ方でしかなかったのが、なんか最近はネットと音楽業界のハイブリッド的な存在になってきてるよなーと。注目のきっかけはまあニコニコに弾いてみた上げたことなんだろうけども…
言動みてるとこの方はミュージシャンの中ではかなり権利関係に対してリベラルというか、ある意味喧嘩を売ってるような側面もあるしなあ。音楽のビジネスってもうどん詰まりというか、すでに行くところまで行ってしまっていて、でもこのままではいられなくて、じゃあどうすればいい?っていう問いの一つの答えになってるのかなあ。これからどうなるんだろうか。

お土産

f:id:kumakumas:20160329164817j:plain
頂き物。かわいいすぎて開ける勇気が出ない。

2015/2016

2016年になってしまった。

ここのところ数カ月ほど、ちょっとブログ書いてる余裕がスケジュール的にも精神的にもなくて。今は一応の決着がついたので落ち着いてますが。とにかくわたわたしてたらいつの間にか年末過ぎたどころか年明けてたよね…
というわけで、毎年恒例となっている一年の振り返りをしたい。年明けたどころか1月すら終わりましたけども。

とりあえず2015年は色々観たなー2.5次元、山口小夜子展、新文芸座でのフリクリ+2、BUCK-TICK DAY IN QUESTION 2015…
今までドがつくほどインドアだった自分の行動範囲が広がった一年だったなーと思います。あ、あと年末には一人でピューロランドにも行きました。ぼっちピューロ、意外と辛くない。
kumakumas.hatenablog.com
kumakumas.hatenablog.com


新文芸座の「フリクリ オールナイト」は、普段出無精の自分からすれば本当未知の体験だったし、めっちゃ面白かったのに、書くタイミングを逃したままここまで来てしまった…のでここにちょっと残しておきますけど、とにかく高校生の私に「よくぞあの作品と出会った」と「好きなものを貫けばお前は5年後に生で鶴巻カントクと新谷さんを目にすることになるぞ!」と言ってあげたい。
映画館の大スクリーンで観ながら思ったけど、フリクリはやっぱり私にとって特別な作品なんだなあ。

あと、何よりもGLAYの20周年ドーム公演は外せない。
kumakumas.hatenablog.com

正直なところ、大学入ってから何故か音楽への興味が若干薄れてしまってて、年間で聴いたCDも2、3枚(しかもレンタル)みたいな状況がここ2年間くらい続いてた(それに伴ってぐれいさんへの情熱もすんごい大人しかった。しかし今となってはEXPOのあのお祭り騒ぎに参加しなかったのめちゃくちゃ後悔してる)それくらい冷めてた時だったんだけども、それでもドームだけは行かない理由がないと思って、一般でチケット取って一人で行った。ライブ自体は前書いた通りすっごい楽しかったし、本当良い公演だったのだけど、それ以上に受けた影響が大きかったというか。ドームロスを引きずる形でやっぱり私はこういう音楽が一番好きだ――って改めて思い知って、結果GLAYだけに飽き足らず、LUNA SEAはじめあの界隈のバンドを本格的に聴き始めて今に至る。12月には軽率にBUCK-TICKのライブへ行ってしまうしと、一体去年までの低燃費は何だったのだろう…まあ6月にルナフェスがあったのも一因だとは思う。

BUCK-TICKのDIQはね、当日(12/23)は桜木町駅着いたらめっちゃ大雨で、自身の雨女っぷりに笑いました。桜木町からパシフィコ横浜って結構歩くのにね。傘持ってなかったよ。買うのもなんだかなーと思って、濡れつつ行きました。
ライブの感想は手帳に殴り書いてて(新しい手帳、ほぼ日ウィークリーにしたら今のとこ色々書き残したくなってる)今読み返したら「黒服1割」(ファンの服装)とか「2曲目の『悪の華』の衝撃にその後の予習分全て吹っ飛んだ」とか「あっちゃんから漂う期待を裏切らないあっちゃん感」とか、あんまり中身なかった。とにかくあっちゃんことVo櫻井敦司さんの存在感がね、凄かった。一挙一動がきれいで、本当「魅せる」ボーカリストだなあと。

B-Tを聴き始めたのはたしか高1の秋だから、足掛け5年越しの初ライブ。すっげー楽しかったです。一人参戦だしGLAY以上に同年代が居なそうで、正直不安要素ありまくりだったのですが、勇気出して行ってよかった!そういえば意外と一人で来てた人が多かったな…私が居た列ほぼ一人だった。

さらに10月あたりからはPIERROTばっか聴いてたなー。すんごい好みだった…左右ともに煩いギター+キャッチ―な歌メロ+中二歌詞ってところにドストライクです。リアル中学時代に聴いていたら絶対ハマってたし、キリトにはとんでもなく影響受けてたかもしれない。いい意味でも悪い意味でも。アルバムは2ndの『PRIVATE ENEMY』が一番聴いてる。特に「Waltz」が好き。音のしっちゃかめっちゃか感と思春期だなあーと思う歌詞のバランスが好み。

こんなんなので最近はしきりに友人から「人生楽しそう」と言われるのだけど、実際自分でも「楽しいな??」と感じている。音楽とエンタメと人、この3つに私は度を越した興味があることが、今更だけど分かってきた。今年も楽しく生きるために、フットワーク軽めに過ごしたいと思います。とりあえず、当面の目標は4月のGLAY武道館3Daysです。ホールツアーチケット掠りもしないけどここには行きたい。7月にはFCライブもあるからね。あと、9月のBUCK-TICK横アリと12月のLUNA SEAさいたまスーパーアリーナには行くって決めたので、それまでは頑張る。

2015/10/24

最近は一日一日が早すぎて、常に追われている状況です。
自業自得なのだが時間が足りなさすぎる。普段の活動時間を作業に費やしてる分、溜まったストレスの発散のためにこうやって夜中に趣味の時間を作っている…
人生の楽しみの一つに寝ることを挙げるくらい、睡眠をとるのは大好きなのですが、それよりも音楽聞きながらPCからネットすることの方が優先度は高いという。スマホとはまた違う感覚があるんだよねー同じネットでもPCと携帯では必ずしも同じサイトを見ているわけではないな、そういえば。

今別にネタがあるわけじゃないんだけど、なんかしら文章を残したい気分というか。結果こんな時間にブログを更新する暴挙に出てたりもする訳で。あれか…最近軽い文章書いてないからかな。

知らぬ間に秋も深まってきていい加減服が欲しいと思う今日このごろ。長袖のトップスがほとんどないことに気付いて、買い足さなきゃなーと思いつつも行動に移せていない。来月金欠になるのわかってるから余計に。本当はロングのダッフルコートとマーチンブーツも欲しいのだけど。

服装と言えば、12月にB-Tのライブ(DIQ2015)に行く予定なのですが、何着ればいいのだろう…とナチュラルに悩み中。客層的に読めない…しかしその頃は忙しさも一段落して(クリスマスと年の瀬という、別の忙しさはあるけど、バイトとかね)、もうすっかり冬になってて、寒そうだなー。でも楽しみ。

好きな物や人が多すぎて

今週のお題「私のテーマソング」


「おっ」てなるお題だったので久しぶりに参加。これ、雑誌の鞄の中身大公開とか、財布出しとか化粧品出しとかのパーソナル系企画が大好物の人間にはたまらないテーマだわ…

***

「私のテーマソング」と聞いて、まず思いついたのがこの二つ。

誰かのせいじゃない 気づいている
やっぱり 僕は今もストレンジャー

どこにいてもミスキャスト 独り言が増えたロストマン
誘われないのに断るセリフを覚えて

引用したのは歌いだしと最後らへん。ほんとこの歌詞私か!って思う。
私は割と昔からズレた子供だったらしく(家族談)まあ確かに言われてみれば当時から何となくそんな自覚はあって。そのせいか、どこか「普通っぽさ」を求める節があったのだけど、しかし結局この歳になってもつくづく周りと話は合わないし、コミュ障も直らないしで「やっぱり僕は今もストレンジャー」なんですよね。でも、まあいっかなーとも最近は思ったりもする。

  • GLAY ― 軌跡の果て

これは前も書いたのだけど。GLAYの数ある人生ソング(pure soulとかつづれ織りとか生きがいとかmirrorとかね)のなかで、個人的に一番刺さるのはこれかなあって。この前のドームで聴いてボロ泣きした思い出…

この曲の歌詞に関しては、あまりにも全編に渡ってグサグサ刺さりまくる(そして泣く)ので引用は諦めてリンク貼っときます。
http://j-lyric.net/artist/a000670/l000294.html


あと、この記事書きながら、これ私だなーと思ったのがこれね(思い出した)

  • Purfume ― Handyman

なんだか うまくいかないのは きっときっと自分のせい

なんだかなんだかな ラブラブな
恋が重いとかね 言えてみたい
リアルリアルに 恋がしたい
なんとかして おねがいHandyHandyman

『LEVEL3』は何でか全体的に喪女臭が漂うアルバムなんですが、その中でもダントツにあれなのがこれ。
このファンタジーみたいな曲調でこんなくずい歌詞なんて…!と初見時震えた覚えがある。
この歌詞のくずいとこは自分のせいって分かってるくせに、最終的にはなんとかしてって他人任せなとこですよ!うわ、身に覚えある!つらい!でも好き!
ちなみにHandymanの正体はケータイ(スマホ)だと私は思っている。スマホこそ現代版魔法のランプ。

ここからは人生の応援ソング、というか、聴いていて「こう生きたいなあ」と思う曲シリーズ。

人に合わせて上手く生きる シニカルな舞台で 時には飼い主も裏切る

HISASHI曲の代表作。neuromancerと迷ったけどやっぱりこっち。にゅーろまんさーは「タイムカード破りすて」る方の曲です。あれも〽上手くなったのは愛想笑いとレジスタ なので私らしいといえば私らしいんですが。
これは、ほんと、ちょーーーヒサシ節だよなあと思います。歌詞も、曲自体も。
でもこのクレバーさというか、茶目っ気があるところが良いなあって。前のめりでシリアスになっていくんじゃなくて、いい意味で軽く。しなやかに生きていきたいもんです。

真夜中 君は夢見て泣いている とても綺麗な夢を見た
真夜中 君は夢見て震えてる 何も悲しい事は無い

バクチクを聴き始めたのは確か2010年。作品で言うと丁度シングル「くちづけ」~アルバム『RAZUL DAZUL』リリースらへんですね。
ただ、この曲に関しては私、リリースされた2009年にリアルタイムで聴いてたんですよね、CMで。どんなCMだったかも覚えてないんだけど。音楽だけが強く印象に残っていて。
そのときは誰の曲とかまったく気にせず終わったのですが、しばらく経ってバクチク聴き漁ってたらこの曲に当たって、「え、これバクチクだったの!?!?」っていう。びっくりした。そんな出会いもあって個人的に特別な曲になってます。
しかし、あまりにもあのCM見かけたから今までずっとタイアップついてたのかと思ってたのだけど、ググっても全く情報が出てこないからあれ多分リリース時のCMだったんだろうな…それにしてはよく遭遇してたな…口ずさめるくらい見たもんな…

この曲は本当、あっちゃんが歌うことによって説得力が何倍も増すというか。どんだけボロボロでもこの人が肯定してくれればいくらでも乗り越えられるなって、割と本気で思ってしまうような。いや、あっちゃんのあの存在感ってなんなんだろうね…

何を信じているかなんて そんなこと問題じゃない
しらけてるこの街を スピードで振り切って

あざやかなイメージ通り そう君の思い通りに

Wikipediaみたらとんでもないエピソードが載ってたくらい、悪名高いSHINEですが、結構好きなんですよね…この底抜けにポジティブな感じが、ルナシーぽくはないけどよい。
調子の良い時にこの曲聴きながら街を歩くのが好き。全能感ある。あとPVが意味不明で笑える。


以上、「私のテーマソング」集でした。自己紹介の代りに音楽を選ぶならって仮定で選んでみたんだけど、割りと明るい曲調のものが多くて我ながらちょっとびっくりしてる。どれも各アーティストで一番好きな曲ってわけでもないし。そういう意味では意外な選曲ではある。あ、でも歌詞見てるとどれも「承認欲求」って感じするなあ…私らしいわ…

タイトルは懐かしき椎名林檎「月に負け犬」の冒頭から。多分中学時代の私のテーマソングっていったらこれと「正しい街」。

東京都現代美術館「山口小夜子 未来を着る人」展

これ本当今更って話なんだけど、
https://instagram.com/p/4TpiuIq_2N/

東京都現代美術館山口小夜子展に6月24日に行ってました。
ずっと下書きに放置してたんだけれども、もったいないのでこのタイミングで出しとく。
そういえば、今月はドキュメンタリー映画が公開されるそうですね。別件で新文芸座行ったときにチラシが置いてあった。*1 ちょっと気になる。

九段下の千代田区図書館へ寄ってから行ったら思ったより時間が掛かってしまって、入館時間ギリギリで滑り込んで駆け足で観ることになってしまったのだけども。
本当は朝一で出掛けるつもりだったのに、案の定寝坊した…ほんと計画性ないー

昔の資生堂の広告がほんとに好きで(まあ広告だけじゃなくて製品のデザインも好きなんだけど)、色々調べてた時にこの人の存在を知って、
なんだこの美しい人は、と衝撃を受けたのが3年前くらい。
ので、資生堂モデル時代の何かしらがあるかなーと思い観に行きました。
いやー良かった!香水「禅」や「京紅」のポスターを生で見れただけでも価値があった。


しかし当時はあれらのポスターが百貨店とか資生堂のチェーンストアとかに貼られてたんだよね。あれが気軽に目に出来るって、7、80年代凄すぎるでしょう。羨ましすぎ。


後にモデルだけでなく演劇、衣装デザインなどの活動もしていたという山口小夜子さん。
正直私はこれまでモデルとしての山口小夜子(もっと言うと資生堂の顔としての山口小夜子)しか知らなかったのだけど、お芝居、クリエイターとしての姿もあったそうな。最後の谷川俊太郎の詩の朗読のビデオ、一挙一動が本当にきれいだった。


今回展示を観ていて思ったのは、この人は年齢が要らない人なんだな、と。一貫した、強い、唯一無二の個性の元には、歳とか時代は意味をなさないのだなと思い知らされた。晩年もモデルとしての全盛期も、彼女の作品は等しく「山口小夜子」という存在を映してた。
「生年月日を捨てましょう」ってコピーと共に美輪明宏が出てる宝島社の企業広告を見た事があったのだけど、それを思い出した。若さとか老いとかは、その人自身を表すものではないわなー。

宝島社 企業広告 2003年

ていうかこれ2003年の広告なのか…

“未来を着る人”っていうのが副題になっているけど、時代の先進を行ってた、というよりは、どの時代でも新鮮に見える、という意味かなと勝手に解釈してみる。



f:id:kumakumas:20151010184632j:plain


ミュージアムショップでポストカード、衝動に任せるまま手にとっていったら、1000円弱というまあまあいい値段になってて笑った。
でも、ほんと格好いいよねえ。

*1:この時の話もブログに書いときたい